【海外ドラマ】相関図・登場人物(キャスト) ゲーム・オブ・スローンズ

【海外ドラマゲームオブスローンズ】(GAME・OF・THRONES)のあらすじと感想・人物相関図

更新日:

海外ドラマゲームオブスローンズ

出典:Hulu/ゲーム・オブ・スローンズ

【おすすめ度】

こんにちわ!カラアゲさんです。

大人気かつ注目の夢中になる海外ドラマ、ゲームオブスローンズ(GAME・OF・THRONES)の紹介です。

シーズン7~放送中です。

ゲームオブスローンズが気になる方はHuluをオススメします。私はいつもHuluを使っていますが、ゲームオブスローンズはかなりHulu内でも押されていて吹替え・字幕共に視聴が可能ですよ。

海外ドラマ視聴でHuluをオススメする理由はこちらから

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

ゲームオブスローンズ(GAME・OF・THRONES)のあらすじ・人物相関図・感想

1.あらすじ(ネタバレ注意)

ざっくり説明すると、七つの王国があるウェスタロス大陸(この世界では季節の流れが緩やかで1つの季節が70年、80年と続く)には北にグレートウォール(大きな壁と守護者・ナイツ・ウォッチ達が守っている)があり、壁の向こうには目の青い怪物ホワイト・ウォーカー(姿は人間で目が青いゾンビのような感じ)達がいて、冬は危険度が増し「北の王」と呼ばれているスターク家ではこのホワイト・ウォーカーを警戒しており、1話目に異変を察知して「冬来る」というセリフが出てきます。

北の大地ではアドベンチャー・ファンタジーの壮大な冒険を繰り広げ、王国では七王国の王座(鉄の王座)を巡って戦争・裏切りが交差するヒューマンドラマです。

ドラゴンや怪物・魔術などファンタジー要素も多く、壮大なスケールで物語は進んでいきます。

基本的に主人公という概念が無く、メインキャラがあっさりと亡くなります

どちらかというと剣技などのバトルが主体ではなく、知略、戦略、陰謀などの要素が強い海外ドラマです。

派手な演出が多いのは人が絡むシーンよりドラゴンやホワイト・ウォーカーなどファンタジー要素が多い場面ですね。

2.ゲームオブスローンズの人物相関図

ゲームオブスローンズの人物相関図

出典:スター・チャンネル/ゲーム・オブ・スローンズ

3.管理人の感想

規模の大きなドラマで1話目から各々の視点で物語がはじまり、3話ぐらいみても人間関係とかよくわかりませんでした。

最初はスターク家が主役かと思いましたが、シーズンが進むと衝撃の展開ばっかり。えっ!もうこのキャラ退場?ってことが何回もあります。好きなキャラがサクッと逝ってしまうのは覚悟して観て下さい。

ドラゴン・魔術系のファンタジー系や歴史物が好きな男性にもオススメできますが、王国内の権威争いや恋愛の絡み、裏切りなどが交差したドロドロのヒューマンドラマでもあるので女性にも人気が高いみたいですね。

とにかく夢中になる海外ドラマです!管理人はハマって夢中でいっきに観てしまいました。

登場人物が多くて、混乱することもありますが、登場人物の関係性を把握してからはより楽しむことができました。

ゲーム・オブ・スローンズの人物相関図を貼っていますので参考にして下さい。また、下記にウェスタロスの地図と登場人物を家系毎に分けて紹介している記事のリンクを貼っているのでよかったら読んでみて下さい。

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

-【海外ドラマ】相関図・登場人物(キャスト), ゲーム・オブ・スローンズ

Copyright© 海外ドラマニア , 2018 All Rights Reserved.