【海外ドラマ】相関図・登場人物(キャスト)

【海外ドラマニキータ】(NIKITA)のあらすじ・登場人物一覧(キャスト)・人物相関図・感想

更新日:

ニキータメイン

【おすすめ度】

こんにちは!カラアゲさんです。

派手な戦闘アクションと奥深いストーリーで展開される美しい暗殺者の物語『ニキータ』を紹介致します!

キャッチコピー「美しき殺し屋ニキータのリベンジ・アクション!」の通り、爽快なアクションや復讐の為の戦略などが満載のドラマです。

シーズン4で完結済みの作品です。

【海外ドラマニキータ】(NIKITA)のあらすじ・登場人物一覧(キャスト)・人物相関図・感想

1.あらすじ(ネタバレ注意)

6年前、不良少女のニキータは、ドラッグ欲しさに薬局を襲撃し、その時起きた警察官殺害事件で有罪になり死刑を宣告されるが、米政府内の要人6名で構成される闇組織「オーバーサイト」の機密作戦実働組織「ディヴィジョン」によって暗殺者に育て上げられ、スパイや暗殺といった任務に従事する。

優秀なニキータは『伝説の暗殺者』となるが、ニキータは愛する人「ダニエル」を組織に奪われ、最初にして唯一の脱走者となる。ニキータが姿をくらましてから3年後、ニキータが再びディヴィジョンの前に姿を現し、ニキータの復讐の物語りが始まる。

ディヴィジョンの最高責任者パーシーは、米政府を密かに裏切っており、他国の秘密機関や犯罪組織などと手を組んで、己の利益を追求し、要人を暗殺したり、機密を手に入れたりするために、配下のエージェントたちを利用していた。

パーシーの企みを知る者はごく一部であり、ほとんどのエージェントが国家の為に従事していると信じていた。ニキータはダニエルの復讐、そしてパーシーの陰謀を明るみに出し、騙され続けているエージェントたちを救う為に戻ってきたのだ。

ディヴィジョンは強盗事件で逮捕され、死刑宣告をされた「アレックス」という不良少女に目を付け、ディヴィジョンの訓練生として採用した。

だが、彼女はニキータが送り込んだスパイであり、ディヴィジョンの内部から密かにニキータに極秘情報を知らせ、パーシーの陰謀を妨害する策略であった。

アレックスにとっては非常に危険な仕事だが、アレックスもまた、深い事情がある少女だった。彼女の教育を受け持つのはマイケルという熟練エージェントであり、ニキータの元教官にして上官だった。

ディヴィジョンにいた頃のニキータはマイケルを信頼し恋心も抱いていたが、今は敵同士であり、マイケルはパーシーの命令のもと、ニキータを追い続ける。

ニキータ、アレックス、2人の主人公を軸に知能戦や派手なアクション、恋愛などが絡む海外ドラマです。

2.登場人物一覧

1.ニキータ・ミアーズ/マギー・Q

ニキータ・ミアーズ

出典:ワーナー公式サイト

警官殺害の罪で死刑を言い渡されたが、政府の秘密組織ディヴィジョンにリクルートされ、エージェントとして並外れた才能を開花して『伝説の暗殺者』に成長する。しかしある男性と恋に落ちてしまい、愛する人を組織に殺され、逃亡する。

3年間消息を絶った後、テロや暗殺などの悪事に手を染めるディヴィジョンを壊滅させるため、再び姿を現す。

相棒アレックスと共に闘い始め、マイケルやバーコフといった新たな仲間を得て正義の為に闘いぬく。

2.アレックス(アレクサンドラ・ウディノフ)/リンジー・フォンセカ

アレックス

出典:ワーナー公式サイト

ロシアの複合企業ゼトロフを経営するニコライ・ウディノフの娘として生まれるが、ディヴィジョンに両親を殺され、アメリカに売られたという過去を持つ。

ニキータの協力者となりディヴィジョンに潜入してきたが、父を殺したのがニキータだと知り決別する。

父の復讐を果たすためアマンダの協力者となりディヴィジョン側につくが、紆余曲折を経てニキータと和解する。

3.マイケル・ビショップ/シェーン・ウェスト

マイケル・ビショップ

出典:ワーナー公式サイト

ディヴィジョンの上官で、ニキータの元教官にしてアレックスの現教官。暗殺やスパイを行う上で必要なありとあらゆる技術をニキータの教え込んだ人物で彼自身も優秀なエージェント。

ディヴィジョンの命令でニキータを追っていたが、組織を抜け出しニキータの協力者となり、ニキータの恋人として、また最強のパートナーとして、共闘する。

4.パーシー(パーシヴァル・ローズ)/ザンダー・バークレー

パーシー

出典:火曜ナイトドラマ

ディヴィジョンの最高責任者であり、国家のために秘密任務をこなすという名目で、私益追求のためにディヴィジョンを利用する悪党。

政府やCIAの上層部にも協力者がいるため、彼の陰謀を白日の下にさらすのは困難であり、エージェント達にも国家の為に闘っていると信じ込ませている。

ディヴィジョンの違法な秘密作戦を記録した『ブラック・ボックス』を手に入れようとするニキータを、執拗につけ狙う。

野望をともにする上院議員数名(オーバーサイト)とも秘密の会合を行いディヴィジョンの組織拡大を狙う。ニキータ達との戦いの末、死亡する。

5.アマンダ(ヘレン・コリンズ)/メリンダ・クラーク

アマンダ

出典:ワーナー公式サイト

旧ディヴィジョンのナンバー2で、エージェントや訓練生たちのカウンセラーを行っている。一見優しいカウンセラーに見えるが、美貌の裏に冷酷さと野心を隠し持つ腹黒さをもつ。

自分が手塩にかけて暗殺者に育て上げたニキータに執着している。アレックスを利用して犯罪組織ゴーゴリと手を組み、権力と資金を我が物にしようと画策するが、ニキータの妨害で失敗するが、次々に卑怯な罠を使いニキータ達に攻撃を仕掛けてくる。

6.シーモア・バーコフ/アーロン・スタンフォード

シーモア・バーコフ

出典:ワーナー公式サイト

訓練生時代のニキータと同期であり、ディヴィジョン所属の天才ハッカー。過去に伝説のハッカー『シャドー・ウォーカー』として名を馳せ、その右に出る者はいないと、自他ともに認める存在。

ディヴィジョンを抜け、ニキータとマイケルの後方支援役となる。

3.人物相関図

シーズン1相関図

シーズン1相関図

出典:火曜ナイトドラマ

 

シーズン4相関図

シーズン4相関図

出典:ワーナー公式サイト

4.管理人の感想

CIAなど秘密組織のエージェント系の海外ドラマで面白かったです。

2人の暗い過去を持つ主人公『ニキータ』と『アレックス』を中心に物語りは進み、潜入したアレックスが成長しながらニキータを助け、2人で始めた戦いだったが協力者を得て巨悪を退治していくというストーリーです。

アクション、銃火器、IT系の作戦なども満載、恋愛などのヒューマンドラマの要素もあり、男女問わず楽しめる作品です。

近い作品だと女性のエージェントが活躍する「コバート・アフェア」や美女の復讐「リベンジ」などに似た作品だと感じました。

気になる方は是非視聴してみて下さい。

-【海外ドラマ】相関図・登場人物(キャスト)

Copyright© 海外ドラマニア , 2018 All Rights Reserved.