ウォーキングデッド

【海外ドラマウォーキングデッド】シーズン8・第3話のあらすじと感想

更新日:

こんにちは!カラアゲさんです。

ウォーキングデッドのシーズン8第3話をHuluの見逃し配信で視聴しました。

あらすじと感想をあげていきたいと思います。

ウォーキングデッド シーズン8第3話のあらすじと感想

第3話のあらすじ

前回再登場したモラレスに銃口を向けられているニック。ニックはモラレスと交渉するが、モラレスは救世主を呼んでおり、ニックと交渉はしないよう。背後からモラレスに矢が放たれその場に倒れるモラレス(恐らく死んではいないもよう)矢を放ったのはダリル、相手がモラレスとわかっていたよう。

再登場したモラレスって誰?

その後救世主達と銃撃戦を行い、なんとか脱出に成功。

ジーザス、モーガン、タラ達は捕虜にした救世主達を連れ歩いてヒルトップへ。道中救世主に煽られモーガンが切れそうになっていると大群のウォーカーに襲われる。逃げ出した救世主達を殺そうとしたモーガンをジーザスがとめる。ここからモーガンVSジーザスの最強対決に発展。ジーザスがモーガンを抑え込んだが納得できず隊を離れる。タラもまた、救世主達を生かすのには反対のよう。

場面は変わり、前回打たれたエリックを木の側で休ませるアーロン。エリックはアーロンに戦えと言い戦場に送る。

ヒルトップ側ではガブリエルを置き去りにしたグレゴリーが帰還。グレゴリーの悪の所業はバレており、入り口でマギーに追い払われそうになるが、殺す価値もないと中に入れる。

アーロンはエリックの元に戻ると、エリックの姿が無く、遠くの草むらをみると恐らくウォーカー化したエリックが。追いかけようとするが「もう彼では無い」と引き止められ、泣き叫ぶ。

エゼキエル王達は順調に敵の基地を破壊していき、犠牲者がゼロと喜んでいると、建物から激しい銃弾の雨が・・・

 

第3話の感想

リックとモラリスとの一触即発。モーガンとジーザスのバトル。タラのジーザスに対しての不満感など連合軍内部での不安要素が露呈している感じがしましたね~。しかしやはりジーザスの体術最強っぽいっすね。モーガンを上回る戦闘力。

グレゴリーのゲスさも相変わらずで今後の裁きを期待しています。

しかし何よりアーロンの悲しみが半端ない。めっちゃ辛いシーンでした。

そしてエゼキエル王達を襲った銃弾の雨、明らかに相当な人数は死傷してそうな絵でした。

第4話ではエゼキエル王達のシーンが中心になりそうな予感ですね。早く続きがみたいです。

ウォーキングデッドを見たことがない方、シーズン8の見逃し配信などHuluで視聴できます。

ウォーキングデッドシーズン8・1話の感想

ウォーキングデッドシーズン8・2話の感想

ウォーキングデッドシーズン8・4話の感想

ウォーキングデッドシーズン8・5話の感想

ウォーキングデッドシーズン8・6話の感想

ウォーキングデッドシーズン8・7話の感想

ウォーキングデッドシーズン8・8話の感想

ウォーキングデッドの評価はこちらから

-ウォーキングデッド

Copyright© 海外ドラマニア , 2018 All Rights Reserved.