ウォーキングデッド

【海外ドラマウォーキングデッド】シーズン8・第7話のあらすじと感想

更新日:

こんにちは!カラアゲさんです。

ウォーキングデッドのシーズン8第7話をHuluの見逃し配信で視聴しました。

あらすじと感想をあげていきたいと思います。

ウォーキングデッド シーズン8第7話のあらすじと感想

第7話のあらすじ

リックが裸で監禁されている所から(パンツははいている)。ゴミ溜めのリーダー、ジェイディスがリックの写真を撮り始め「何に使うのか」とリックが問うと「あとで彫刻するため」と言い放つ。場面はかわりユージーンがドワイトに裏切り者だろと問い詰め、裏切りをやめるなら密告しないと持ちかける。意見は相容れず。ゲイブリエルは複数の感染症を引き起こしており、医師のカーソンは看病している。カーソン医師が離席している間にユージーンがみることに。ゲイブリエルはカーソン医師を救い出そうとユージーンを誘うが、ユージーン事を荒立てる行為はしたくないよう。ユージーンはモーガンに鼓舞され、ウォークマンを使った飛行機を作り(プラモデルサイズ)ウォーカーの誘導をしようとするがドワイトに阻止される。聖域の外ではモーガンが狙撃手と見張っており、トラックでダリル・タラ・ミショーン・ロジータが到着。リックの作戦を待たず、トラックを突っ込み、中にウォーカーを侵入させて決着をつけるとのこと。最終的にミショーン・ロジータは作戦に反対して離脱。ダリル・タラ・モーガンが決行して聖域の建物内にウォーカーが侵入する。ゴミ溜めではリックが広場に出され、首輪で繋がれたウォーカーが登場、ジェイディスが「このあとでだよ」と言い放つ(ようはウォーカーに噛ませたあとで彫刻する?)ということか。しかしリックはうまく立ち回り敵を撃退、ウォーカーの首をもぎ取り逆にジェイディスをねじ伏せ、最終的に交渉は成立、リックはゴミ溜めの住人達と聖域に向かうがそこにはウォーカーの姿が見当たらず・・・

第7話の感想

今回はユージーンの回でしたね。しかしいつもながらユージーンは保身が強く、正直みていて腹が立ちますね。彼なりの信念もあまり強くは感じず、味方としても敵としてもイマイチ魅力に欠ける存在だな~と思います。また、連合軍も怒りや恨みが激しく、一枚岩とは言えず、リックの描いていた作戦が崩れはじめましたね。恐らく今後、双方にまだまだ被害がでるのでしょうが、ユージーンは生きながらえそうですね。

ウォーキングデッドを見たことがない方、シーズン8の見逃し配信などHuluで視聴できます。

ウォーキングデッドシーズン8・1話の感想

ウォーキングデッドシーズン8・2話の感想

ウォーキングデッドシーズン8・3話の感想

ウォーキングデッドシーズン8・4話の感想

ウォーキングデッドシーズン8・5話の感想

ウォーキングデッドシーズン8・6話の感想

ウォーキングデッドシーズン8・8話の感想

ウォーキングデッドの評価はこちらから

-ウォーキングデッド

Copyright© 海外ドラマニア , 2018 All Rights Reserved.