【海外ドラマ】相関図・登場人物(キャスト) ウォーキングデッド

【海外ドラマウォーキングデッド】シーズン6登場人物一覧(キャスト)

更新日:

シーズン6登場人物一覧

こんにちは!カラアゲさんです。

ゾンビ系海外ドラマの金字塔「ウォーキング・デッド」シーズン6の登場人物一覧を作ってみました!主要人物などいつ死亡したか知りたい時に便利かなーと思います。

※ウォーキングデッドはHuluで視聴できます!

シーズンが多いので初回2週間無料のHuluを活用するのがおすすめです。

ウォーキング・デッドシーズン6の登場人物一覧(キャスト)とまとめ

シーズン6の登場人物(キャスト)

1.リック・グリムス /アンドリュー・リンカーン

リック・グリムス

元ジョージア州在住の保安官代理。職務中に逃走犯に射撃され、病院で昏睡状態になり、崩壊した世界で目を覚まし、モーガンと出会い、キャンプでローリ達と合流。

誠実で正義感が強い人柄から皆の信頼を得るようになり、グループのリーダーとなり、戦闘面でも銃やナイフの扱いに長けており、非常に多くのウォーカーを倒している。

シーズン初期は優しく人を信じる性格だったが、妻の死、親友の裏切り、次々に死んでいく仲間達、そしてウォーカーよりも生きている人間同士の争いで彼の心は狂気を帯びながら変わっていく。

中盤からは常に人を警戒してすぐには信用せず、必要あらば殺す非道な心を身に付けており、リーダーとして共同体を牽引するが、モーガンとの戦いで一度挫折、屈服するもまた立ち上がり反撃する。

カールの死後、様々な葛藤の末、モーガン達を殺さないという選択肢をとった。

生死:シーズン9で生存

2.カール・グリムス/チャンドラー・リッグス

カール・グリムス

幼少期は父親であるリックに憧れており、正義感も強く純粋だったが、様々な経験で反抗心が芽生える。

シーズン3では銃の扱いを覚え、大人と同じ扱いで見張り番を任されたりするなど一気にハングリーな雰囲気になる。また、襲撃された時、無抵抗な青年を報復を警戒して躊躇無く撃ち殺すなど、残酷な考え方で闇落ちし始めた。

シーズン4になると銃の腕もかなりのもので、リックを助ける場面もあり頼りがいがある反面、父親に対しての苛立ちが多く、まさに反抗期。

シーズン6で銃弾を片目に受け、隻眼となる。モーガンたちとの抗争で一時はモーガンを殺そうとする狂気的な場面もあったが、成長し誰かを助けたいという気持ちからセディクを助け仲間にするが、その時にウォーカーに噛まれてしまう。

許しあい、協力し合う事への悟りを開き、リックとモーガンに許しあう手紙を残して自殺する。

生死:シーズン8で死亡

3.グレン・リー/スティーヴン・ユァン

グレン・リー

韓国系アメリカ人の青年で、身軽で物資調達などこなす。初期では囮役にされたり、小心者の一面が強かったりと雑な扱われ方をしていたが、マギーと恋に

落ちてから成長し、シーズン中盤では高い戦闘能力も身に着ける。

ニーガンに包囲され、ダリルが歯向かった事を理由にリックやマギーたちの前で頭を叩き割られて死亡する。

生死:シーズン7で死亡

4.ダリル・ディクソン/ノーマン・リーダス

ダリル・ディクソン

元ドラッグディーラーだが、粗暴で暴力的な兄と違い、面倒見が良く、良いやつでタフガイ。戦闘能力も高く、銃よりもクロスボウを好んで使う

兄のダリルを愛しているが、リックたち仲間の事も尊重して大事に想っている。

口数は少なく無口な男だが、行動力もあり、ニックの相棒として前線に立ち、リーダー代わりすることもある。

メインキャラの中でも人気が非常に高く、彼を主役にしたゲームも発売されるほど。

生死:シーズン9で生存

5.キャロル・ペルティエ/メリッサ・マクブライド

キャロル・ペルティエ

初期の頃は気弱で夫に暴力を振るわれても何も出来なかったが、医術や狙撃など銃の扱いを覚えいき、作品内で一番変化と成長した女性。

数々の修羅場をくぐり抜けた結果、ひとりで終着を駅を襲いリックたちを助けたり、銃火器の扱い、行動力、頭の機転などどれをとっても頼りがいのある最強のソルジャーとなる。

生死:シーズン9で生存

6.マギー・グリーン/ローレン・コーハン

マギー・グリーン

ハーシェルの娘で長女。ベスとは異母姉妹で芯が強く女性の中ではキャロルと並び高い戦闘能力をもつ。グレンとは恋仲になり、結婚、子を授かる。

その行動力と統率力でヒルトップのリーダーとなり、救世主との戦いでも住民を指揮する統率力をみせる。

しかし旦那のグレンを殺害したニーガンのトドメを刺さなかったリックに不満と疑心感を抱く。

生死:シーズン9で生存

7.ミショーン/ダナイ・グリラ

ミショーン

ドレッドヘアの黒人女性剣士。元弁護士。武器は背中に背負う日本刀で鎖に繋がれた両腕と顎の無いペットウォーカーを連れている。

アンドレアと共に移動しながら生活しウォーカー除けにペットウォーカー2人を連れ歩いていた。

最初はガバナーを殺す目的でリック達に協力するが、徐々にリックたちにも認められ仲間となり、リックとは恋仲となる。

剣の達人で口数は少ないものの思いやりがあり、リックを支持する。

生死:シーズン9で生存

8.ジュディス・グリムス/演者(不明)

ジュディス・グリムス

リックとローリの娘(シェーンとローリの娘である可能性もあり)でカールの妹。

最初はダリルによって「じゃじゃ馬娘」と呼ばれていたが、後にカールが「ジュディス」と名付けた。

生死:シーズン9で生存

9.サシャ・ウィリアムズ/ソネクア・マーティン=グリーン

サシャ・ウィリアムズ

タイリースの妹で元消防士。ドライな性格をしていて、特戦闘において優れた判断力を持つ。

タイリースと行動を共にし、刑務所の仲間に入ったあと離れ、ウッドベリーに加わるが、再び刑務所に戻る。

銃の腕前は達者で、兄が命中させられなかったウォーカーをヘッドショット一発で倒したり、戦闘時もライフルを持って戦う。

恋仲になったボブを失い、仲間を失い、更に唯一の肉親である兄が死んでしまったことで完全に荒れウォーカーへの憎しみから暴走するようになる。

エイブラハムがロジータと別れてから付き合うようになる。

エイブラハムをニーガンに殴り殺された後、単身基地に入り、ニーガン暗殺に失敗して捕えられる。

ニーガンに勧誘され、仲間になったふりをして棺に入れられて運ばれる。

中で毒薬を飲んで死んで転化し、棺を開けたニーガンに襲い掛かるも逃げられ、マギーとジーザスによってとどめを刺される。

生死:シーズン7で死亡

10.ユージーン・ポーター/ジョシュ・マクダーミット

ユージーン・ポーター

自称科学者(偽っている)で化学や工学に詳しい頭脳明晰な男。

道中で自分が本当は科学者ではないこと、世界を救えることも嘘だと白状したことにより、ユージーンの護衛役だったエイブラハムに殴りたおされ昏倒する。

ニーガンを殺すためにロジータに頼まれて弾薬を作るるも失敗して、ニーガン達に聖域に連れて行かれ、救世主の一員として働く(弾薬づくりなどの科学で役立つ)。

最初は拉致されていたが、次第に救世主の一員として、ニーガンの為に働き、リックたちに敵対するが、リック対ニーガンの最後には暴発する弾薬をニーガン達に与えてリックたちの勝利に貢献する。

生死:シーズン9で生存

11.ロジータ・エスピノーサ/クリスチャン・セラトス

ロジータ・エスピノーサ

エイブラハム、ユージーンと同行している女性で1銃の腕前も立ち、戦闘要員でもある。

エイブラハムと付き合っていたが、サシャに乗り換えられ、エイブラハムがニーガンに殺されてから荒れてしまう。

サシャとともにニーガンを殺すために聖域に乗り込むが、サシャだけが捕まる結果となってしまう。

生死:シーズン9で生存

12.タラ・チャンブラー/アラナ・マスターソン

タラ・チャンブラー

リリーの妹でガバナーが出会った家族の1人。元々は警察学校に通っていたが、卒業前に世界が崩壊する。

刑務所編で家族を失い、茫然自失となっていた所、グレンに助けられ、リックたちの仲間になる。

同性愛者でユージーンの誘われるも断る。

救世主編では、ドワイトを憎み度々殺そうとするが、最後にはドワイトに救われて許す。

生死:シーズン9で生存

13.ディアナ・モンロー/トバ・フェルドシュ

ディアナ・モンロー

アレクサンドリアのリーダー。元オハイオ州下院議員。夫はレグ、息子のエイデンとスペンサー。

非常に知的で冷静な女性。リック達の過去を聞いた上で受け入れ、アレクサンドリアのメンバーに優劣はつけず平等に扱っているが、実際には貴重な外科医の妻への暴力は黙認している。

その外科医ピートを処刑するべきとリックに言われ反対していたが、夫のレグがピートに殺され、射殺許可を出す。

リックにリーダーの座を譲り、リックを助けるためたウォーカーと格闘時に噛まれ、最期に息子スペンサーと町のみんなの未来をリックに託し、囮となって死亡。

転化して森の中をさまよっている所、スペンサーにトドメを刺される。

生死:シーズン6で死亡

14.スペンサー・モンロー/オースティン・ニコルズ

スペンサー・モンロー

アレクサンドリアでリック達を迎え入れた男。ディアナの息子で、門や監視塔からの見張りを行ってた。

ニーガンに屈服したリックを責め、アレクサンドリアに来たニーガンに、リックの代わりにリーダーに着きたいというが、ニーガンに臆病者とののしられ、腹を刺されて死に、リックにとどめを刺される。

生死:シーズン7で死亡

15.アーロン/ロス・マーカンド

アーロン

アレクサンドリアのスカウトマンで同性愛者。

非常に気立てと愛想がよく、リックのように厳しい経験を経た人間には逆に怪しまれることがある。スカウトの仕事をするエリックとは恋人同士。

伐採場でウォーカーの大群に襲われた際、事故で左手を潰し、やむなく切除される。

生死:シーズン9で生存

16.エリック/ジョーダンウッズ・ロビンソン

エリック

アレクサンドリアのスカウトマン。アーロンの恋人。元々はNGOで働いていた。

救世主の基地「聖域」包囲戦で傷つき死ぬ。

生死:シーズン8で死亡

17.ジェシー・アンダーソン/アレクサンドラ・ブリッケンリッジ

ジェシー・アンダーソン

アレクサンドリアに住んでいる主婦。夫はピート、二人の息子ロンとサムがいる。

リックの散髪をし、リックは彼女に好意的な感情を抱く。夫ピートに激しい暴力を受けており、息子のサムは母を守るために拳銃が欲しいとキャロルに申し出たことで、リック達が暴力の事実を知ることになる。

リックが助けたいと申し出るのに対し、一度目は自分が我慢すれば全ては上手く行くと突っぱねるが、再度の申し出にイエスと答えた。

サムがウォーカーに食い殺され、それに動転して泣き叫んだため、続いてウォーカーに食い殺される。

死ぬ間際、カールと繋いでいた手を離さなかった為、リックにより手首を斧で切り落とされる。

生死:シーズン6で死亡

18.ロン・アンダーソン/オースティン・エイブラムス

ロン・アンダーソン

ピート夫妻の息子で弟がサム。ロンはアレクサンドリアにきたばかりのカールにマイキーやイーニッドを紹介した男の子。父親を殺したリックを憎む。

ウォーカーの大群をくぐり抜けて家から武器庫まで移動する際に弟のサムが死に動、転したジェシーも続いて食い殺されたため、ロンは憎しみからリックを射殺しようとするが、寸前のところでミショーンに日本刀で斬り殺される。

その際に狙いが逸れ、ロンが放った銃弾がカールの右目に命中する。

生死:シーズン6で死亡

19.サム・アンダーソン/不明

サム・アンダーソン

ピート夫妻の息子で兄がロン。サムは母親と共にピートから暴力を受けており、母を守るために拳銃が欲しいとキャロルに申し出たことで父親の暴力が発覚。

ウォーカーの大群をくぐり抜けて家から武器庫まで移動する際に油断してウォーカーに食い殺される。

生死:シーズン6で死亡

20.イーニッド/ケイトリン・ネイコン

イーニッド

両親はウォーカーに殺され、アレクサンドリアで保護された女の子。たまに壁から脱走して外の世界の現実を忘れないようにしている。

カールと仲良くなり、付き合ってはいないが、互いに意識しあい、キスを交わす。

戦闘にも参加する戦える女の子。

医療研修医としてセディクに医療について学ぶ。

生死:シーズン9で生存

21.デニース・クロイド/メリット・ウェバー

デニース・クロイド

精神科医だがピートがいなくなった為、共同体の医療担当を任された。パニック発作の持病を抱えている。

タラと恋人同士のようになる。

喚き散らしていたところを、ドワイトにボーガンで後頭部から目を射抜かれて死亡する。

生死:シーズン6で死亡

22.トビン/ジェイソン・ダグラス

トビン

建築現場の指揮を執り壁の拡大をする工事の監督をしていたが、ウォーカーに襲われた際に仲間のフランシーを見捨てて安全な場所に逃げる。

エイブラハムにそれを責められ、町に戻ったあと、エイブラハムに現場監督の座を譲る。

ウルブズ襲撃事件後、キャロルと少しずつ良い雰囲気になっていく。

ヒルトップにサイモン達が襲撃しに来た際に、ウォーカーの血が塗られた武器で攻撃され、ウォーカーに転化してしまう。

生死:シーズン8で死亡

23.オリビア/アン・マホーニー

オリビア

共同体の受付事務と物資管理担当で銃などの在庫も管理しており身寄りのないイーニッドと暮らしている。

ロジータの発泡でニーガンのルシールに傷が付き、誰か一人を殺すように命じられたアラットによって顔面を撃たれ即死した。

生死:シーズン7で死亡

24.ニコラス/マイケル・トレイナー

ニコラス

マイキーの父親で物資調達係のリーダーを務めているが、統率力も判断力もなく、リック達が来る以前も4人の仲間を死なせてしまっている。

倉庫への物資調達の際、エイデンを見捨て逃げたがグレン達と回転ドアに閉じ込められる。パニックになり回転ドアから自分だけ脱出したことでノアが犠牲になり、ユージーンの車を奪おうとしたところグレンに殴られ気絶した。

保身のためにグレン達を悪者にする嘘を話すが、ディアナには通じず謹慎処分にされ、リックが外に隠しておいた拳銃を盗み壁の外へ脱走し、追い掛けてきたグレンに発砲。森の中で殴り合いとなり、銃を奪われグレンに馬乗りで銃口を突きつけられると命乞いをし、グレンに引きずられながらアレクサンドリアへ戻る。

森での出来事を経て改心し、仲間達の力になりたいと行動するようになる。グレンとともに四方をウォーカーに囲まれ、ダストコンテナの上に逃げるが万事休すと悟り、グレンに最期に「ありがとう」と感謝を告げて自ら頭を撃ち抜いて自殺した。

生死:シーズン6で死亡

25.ゲイブリエル・ストークス/セス・ギリアム

ゲイブリエル・ストークス

終着駅の近くの森でウォーカーに襲われていたところを、リック達に助けられた。

世界崩壊後、協会に助けを求めた信者達を見捨て過去があり、登場当初はリックたちに助けられながらも、リックたちの行動や考え方が受け入れられず、アレキサンドリアではディアナに「リック達は善人じゃない、ここに住む資格はない、彼らは自分たちの命を優先させ、ここのすべてを破壊する」と告げ口する。

当初は戦うことも拒否し、周囲からも信頼も薄く嫌な奴だったが、神父として認められない存在だったが、シーズン6で逃げることをやめ、戦い次第に周囲からも認められる。

世主の基地「聖域」の包囲戦に加わり、ニーガンに味方したグレゴリーを助けようとして、ウォーカーに囲まれ、ニーガンと同じトレーラーに閉じ込められる。

ニーガンの懺悔を聞いた後、協力してウォーカーの群れを突破し監禁され病気となる。カーソン医師と共に脱出するが、病気で視力が弱まり、「救世主」に再び捕まる。

ユージーンの監督下で弾薬製造をさせられるが、意図的に欠陥品を作ったことが判明し外される。「救世主」と「ヒルトップ」の最後の戦いに連れて行かれるが生き延びる。

右目は白く見えなくなっている。

生死:シーズン9で生存

26.ヒース/コーリー・ホーキンズ

ヒース

アレクサンドリアの住人で、物資調達係。眼鏡にドレッドヘアの黒人青年。

物資調達係(スコット、アニー)3人組のリーダー格。アレクサンドリアの住人の中での戦闘要員。

ウォーカー退治には慣れていたが人を殺した事がなかった為、救世主のアジト襲撃時も攻撃を躊躇する。

アジト襲撃後、タラと共に2週間の食料調達の旅に出るが、ウォーカーの大群に襲われ、現在行方不明。

生死:シーズン9で生存

27.ジーザス/トム・ペイン

ジーザス

ヒルトップの住人の一人。調達役などをしている。

リックとダリルが缶詰を乗せたトラックを手に入れた際にトラックを奪う。知略もあり、戦闘力は作中でもトップクラスの人物。

手足を縛られた状態から瞬時に抜け出しトラックの上に悟られずに登り、拘束され監禁された状態から逃げ出す器用さも兼ね備える。

最初はリック達を無法者と警戒していたが、リック達の事を信用し、取り引きを持ちかける。

ヒルトップに来たマギーとサシャを受け入れるようグレゴリーを説得する。

グレゴリーの命で、救世主のトラックに隠れて基地の場所を突き止め、基地に潜入してダリルを救い出しヒルトップに連れて行くなど忍者のような人。

また、モーガンとの一騎打ちでも圧倒する強さ。

捕虜とニーガンを生かすニックに対し、マギーやダリルと共に疑念を抱える。

生死:シーズン9で生存

28.グレゴリー/ザンダー・バークレイ

グレゴリー

初期のヒルトップのリーダーで高圧的な性格の自信家だが、ニーガン達にはへつらう典型的な嫌な男。

住民たちから信頼が厚いマギーを敵視し、救世主と戦うため同盟を求めたリックを拒否したことにより、住民たちからの信頼は地に落ち、リーダーの座をマギーに奪われる。

救世主の基地「聖域」がアレクサンドリア、王国、ヒルトップの3グループに包囲された時、ニーガンの傍らに立ってヒルトップの人々にニーガンに味方するよう呼びかけるが無視され、ウォーカーに囲まれ、助けに来たゲイブリエルを置いて逃げ出しヒルトップに戻る。

マギーによって他の救世主の捕虜と共に鉄条網の中に閉じ込められる。が「救世主」の攻撃の間に逃げ出す。

息子を亡くしたアールを先導してマギーを襲わせるが失敗し、絞首刑に処されて死亡する。

生死:シーズン9で死亡

29.ハーラン・カーソン/R・キース・ハリス

ハーラン・カーソン

ヒルトップに住んでいる医者で、元産婦人科医。兄弟のエメットが聖域で医者をやっていたが死んだことにより、代わりに聖域に連れていかれる。

病気のゲイブリエルと共に逃げ出すが、救世主に見つかり戦って殺される。

生死:シーズン8で死亡

30.カル/ジェームス・チェン

カル

ヒルトップの門番役。槍を武器としている。

生死:シーズン9で生存

31.アンディ/ジェレミー・パルコ

アンディ

リックの作戦に協力したヒルトップの住人で救世主のへの供給を担当していた為、救世主のアジトに詳しい人物。

モーガンと共に救世主の基地に潜入した際に撃たれて死亡。

生死:シーズン8で死亡

32.ニーガン/ジェフリー・ディーン・モーガン

ニーガン

救世主の圧倒的なカリスマ性を持つリーダー。他の共同体を恐怖で支配する。

残酷な処刑をすることにより、恐怖で人々を支配する。救世主の人々は「お前は誰だ?」と聞かれると呪文のように「私はニーガン」と答える宗教レベルのリーダーシップ。

有刺鉄線が巻かれた釘バット「ルシール」(亡くなった妻の名前)を愛用し、元体育教師でパートタイムの中古車セールスマンだった過去を持つ。

ニーガンは「持っている物の半分を寄越すか、死ぬか」という取引を主とする。

リック達を捕え、みせしめにエイブラハムとグレンを殴り殺し、リックたちアレクサンドリアを屈服させる。

基地に忍び込んだサシャを仲間にしようとして果たせず、棺に入れてアレクサンドリアに連れていくが、中で毒を飲み転化していたサシャに襲われるが逃げのびる。

裏切った「清掃人」とともにアレクサンドリアに攻撃を仕掛けるが、ヒルトップと王国の援軍が来たために後退する。

アレクサンドリア、王国、ヒルトップのグループに「聖域」を攻撃され、ウォーカーに包囲されゲイブリエルと共にトレーラーに閉じ込められるが、協力して脱出する。

ヒルトップを狙撃者で包囲する偽の計画を作り、ドワイトがグレゴリーを逃がしてリックに渡すよう仕向ける。

ドワイトの裏切りを知っており、利用してヒルトップ側の軍勢を罠にかけるが、ユージーンの作った弾丸が暴発して敗れ、自らは手に怪我をしリックに首を切られて倒れる。

命を取り留めるが、檻の中に閉じ込められている。

生死:シーズン9で生存

33.サイモン/スティーブン・オッグ

サイモン

救世主のメンバーでニーガンの右腕的な存在。

主にヒルトップへ物資を受け取りに行くグループのリーダーをしており、グレゴリーに「何かあったら来い」とサンクチュアリーの地図を与える。

リックに協力した「清掃人」を罰するため、一人だけを殺せとニーガンに命令されるが、ジェイディス以外を全員殺す。

ニーガンの率いられてヒルトップに向かう途中、リックにニーガンが襲われて行方不明となり、ニーガンは死んだと宣言して、ウォーカーの体液を塗った武器を使って攻撃するも撃退される。

自身がニーガンに取って代わってリーダーになろうと仲間を集めるが、ドワイトにチクられニーガンに殺された後、ウォーカーとなりフェンスに繋がれる。

生死:シーズン8で死亡

34.ドワイト/オースティン・アメリオ

ドワイト

救世主のメンバー。グループから逃げて連れ戻され厳罰を得た過去があり、グループを裏切って内通する。

ダリルが森で出会った3人組の一人。当初はドワイトはDと名乗る。「パティ」という仲間を探しており、森のウォーカーを一掃する為にガソリンを撒いて火をつける。

追手から逃げる際にダリルに助けられるが、拳銃でダリルを脅してボウガンとバイクを奪って逃走するが救世主に捕まり、聖域に戻り、罰として顔を焼かれ妻をニーガンに取られる。

後に線路上で、奪ったダリルのボウガンでデニースを背後から撃ち殺して姿を現す。

密かにニーガンを憎むが服従しており、ニーガンと共にダリルを拷問するが屈服させられない。

ニーガンと戦いたいとロジータに告白し、ともにアレクサンドラに来るが、疑いの目を向けられる。「聖域」に戻り、包囲攻撃される前にダリルと連絡を取り合って内通し、リックらの攻撃を助ける。

「救世主」が「聖域」を脱出した後、罠にかけて数名を殺す。アレキサンドリア住民と共にヒルトップに向かう途中、「救世主」の追手を誘導し、アレキサンドリア住民を救う。

アレキサンドリア側について「救世主」を殺したことがバレてしまい、囚われ作戦を利用される。

ヒルトップとの最後の戦いに連れて行かれるが生き延び、妻を探しに旅立つ。

生死:シーズン9で生存?

35.シェリー/クリスティーン・エヴァンジェリスタ

シェリー

救世主のメンバーでドワイトの妻だったが、ドワイトと妹のティナと一緒に聖域から逃げたしたが捕まり、逃げた罰として夫のドワイトは顔を焼かれ、自分は夫の命を救うためにニーガンの妻にされる。

ダリルを逃がし、自分も逃げる。

生死:シーズン9で生存?

まとめ

ウォーキング・デッドは登場人物が多く、かつ死亡しての脱落も多いですよね。誰がいつ死亡したのか見返してみても面白いと思います。

このドラマは一人ひとりの成長や変化も魅力的なので、風貌が変わることが多く、写真も複数枚載せたかったのですが、取り敢えず一枚にしておきます。

シーズン毎に登場人物をまとめていきますので参考にして下さい。

シーズンが多いので初回2週間無料のHuluを活用するのがおすすめです。

-【海外ドラマ】相関図・登場人物(キャスト), ウォーキングデッド

Copyright© 海外ドラマニア , 2018 All Rights Reserved.